このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
三川町
サイト検索:キーワードを入力してください。



本文ここから

子育てにかかる医療費の助成

更新日:2016年3月1日

子育て支援医療制度

子育て支援医療制度は、0歳から中学生のお子さまの医療費の自己負担分を助成し、健全な発育を支援することを目的としています。
平成26年4月1日からは0歳から中学生までの医療費が無料になりました。また、医療証の交付を受けるにあたり、申請が不要になりました。

対象者の条件

対象者

町内に住所を有する0歳から中学生までのお子さん
※生活保護を受けている方は対象外です。

所得制限

なし

自己負担額

なし
※入院時の食事代、差額ベット代、健康保険が適用されないものは助成の対象外のため自己負担になります。
※入院時の食事代は加入している健康保険において、低所得者に対する軽減措置があります。
国民健康保険加入者の方は、

をご覧ください。

医療機関へのかかり方

病院や診療所及び調剤薬局等の医療機関の窓口で健康保険証とともに子育て支援医療証を提示してください。医療費が無料になります。ただし、入院時の食事代、差額ベット代、健康保険が適用されないものは助成の対象になりません。

学校管理下でのケガ等の場合

体育の授業や部活など学校におけるケガ等の場合は、受診時に医療証を使わず、いったん自己負担していただき、学校で災害共済給付制度の手続きをしてください。
その結果、自己負担分+見舞金の給付が受けられることになります。ただし、治癒するまでの自己負担が1,500円未満の場合は、災害共済給付制度が適用になりませんので、医療証を使うことになります。

県外で受診した場合

この医療証は山形県内の医療機関でのみ使用することができます。県外の医療機関で受診する場合は、受診時にいったん自己負担していただき、支払い後に町から自己負担分をお返しすることになります。町民課国保係で払い戻しの手続きをしてください。

手続きに必要なもの

  • 領収書
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳等(振込先の口座がわかるもの)(国民健康保険の場合は世帯主、社会保険等の場合は被保険者名義のもの)
  • 個人番号(マイナンバー)がわかる書類と顔写真付き身分証明書

治療装具などを購入したとき

治療装具(コルセット、ギプス、義足、弱視等治療用眼鏡等)を購入したときは、いったん全額自己負担となりますが、加入の健康保険に申請して審査決定されれば、自己負担分を除いた額があとから払い戻されます。
また、自己負担分については、町民課国保係で払い戻しの手続きをしてください。

手続きに必要なもの

  • 医師の診断書か意見書
  • 領収書
  • 社会保険等の場合、支給決定通知書
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳等(振込先の口座がわかるもの)(国民健康保険の場合は世帯主、社会保険等の場合は被保険者名義のもの)
  • 個人番号(マイナンバー)がわかる書類と顔写真付き身分証明書

子育て支援医療証について

医療証の交付

使用している医療証の有効期限が切れる前に新しい医療証を郵送します。出生や転入の場合は出生届・転入届の際に発行します。
ただし、重度心身障害(児)者医療、ひとり親家庭等医療に該当する場合は、小学校4年生以上から重度心身障害(児)者医療証、ひとり親家庭等医療証を郵送します。

こんなときには届け出をしてください

  • 氏名・住所等が変わったとき
    住民異動届等に基づき医療証の記載内容を変更しますので、医療証を持参してください。
  • 他市町村へ転出するとき
    医療証を返却してください。
  • 医療証を紛失・汚したとき
    印鑑を持参し、再交付を受けてください。汚した場合は医療証もお持ちください。

お問い合わせ

町民課 国保係
〒997-1301 山形県東田川郡三川町大字横山字西田85番地
電話:0235-35-7028 ファックス:0235-66-3139

本文ここまで


以下フッターです。

三川町役場

〒997-1301
山形県東田川郡三川町大字横山字西田85
電話:0235-66-3111(代表)
ファックス:0235-66-3138
Copyright (C) Mikawa Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る